世界一有名な豪華客船 クイーン・エリザベスはクルーズファンにとって一度は乗ってみたい夢の船と言えます。

しかし、クイーン・エリザベスは、イギリス南部のサウサンプトン港を母港として、主にヨーロッパ海域をメインにクルーズしていますので、なかなか乗る機会がないし、あってもかなり高い料金が普通です。

そのクイーン・エリザベスの乗るチャンスが来年の春にやってきます。

大阪発で台湾を経由して香港に行くクルーズがあり、このクルーズが添乗員が付いて、しかも香港から大阪まで帰ってくるフライト付きで198,000円ですから20万円を切る料金です。

クイーン・エリザベス Queen Elizabethクイーン・エリザベス Photo by Thomas Simpkins

スポンサードリンク



春の日本列島と 台湾・香港を巡るオリエントクルーズ9日間 -大阪港発関空着-

スケジュール

スケジュール
日次 月日 日程 入港 出港
1 2016年
3/22
(火)
大阪港

  • 大阪港に集合
  • クイーン・エリザベスの乗船手続き
  • 大阪出港
23:59
2 3/23
(水)
終日クルーズ

3 3/24
(木)
広島

  • 世界遺産安芸の宮島に近い五日市に接岸します。
  • フェリーを使用して宮島にも行けます。
07:00 19:00
4 3/25
(金)
終日クルーズ

5 3/26
(土)
那覇

08:00 19:00
6 3/27
(日)
終日クルーズ
7 3/28
(月)
基隆 (台湾)

  • オプショナルツアー 台北終日観光 内容は次の通り
  • 訪問先 中正紀念堂、故宮博物院、行天宮、総統府等
  • 鼎泰豐にて小籠包付き台湾料理の昼食

08:00 18:00
8 3/29
(火)
終日クルーズ
9 3/30
(水)
香港 (中国)

  • クイーン・エリザベス下船
  • 直行便にて帰国の途へ
  • 関西空港(19:30~21:00) 着

07:00

クイーン・エリザベス 大阪発関西空港着 台湾・香港クルーズ

クイーン・エリザベス 大阪発 台湾・香港クルーズ

クルーズ名 クイーン・エリザベス号で行く 春の日本列島と 台湾・香港を巡るオリエントクルーズ9日間 -大阪港発関空着-
船名 クイーン・エリザベス
出発日 2016年 3/22
日数 9日間
飛行機着 香港空港発 関西空港着
クルーズ発港 大阪港発 香港着
料金 198,000円~818,000円
1日料金 22,000円~
旅程 大阪 終日クルーズ 広島 終日クルーズ 那覇 終日クルーズ 基隆(台湾) 終日クルーズ 香港 関西空港

このクルーズの資料請求、問合せ、空き室・料金照会はこちら

ポイント
  • 世界一有名な豪華客船のクイーン・エリザベスで大阪港から出港し、香港に向かうまたとない機会です。
  • 帰りは、香港から関西空港に直行便で戻ってきます。
  • 大阪港から関西空港帰着まで、クルーズ専門の添乗員が同行し、船内新聞の日本語訳なども作成してくれますので、安心です。
内側 海側 バルコニー プリンセススイート ペントハウス
198,000円 288,000円 348,000円 553,000円 818,000円
No Image No Image
港湾税 30,000円
 (シングル利用の場合、内側・海側・バルコニー:52,500円、プリンセススイート以上:60,000円)
政府関連税 9,190円
船内チップ 内側・海側・バルコニーはUS$92 (プリンセススイート以上:US$108) (船上精算)
空港税その他 海外空港税 (3,000円目安)、航空燃油サーチャージ が別途必要になります。

クイーン・エリザベスについて

総トン数 90,901トン 就航年 2010年 全長 294m 全幅 32m
航海速力 23ノット 乗客定員 2,092人 乗組員数 996人 船籍 バミューダ

クイーン・エリザベスを運航しているのは、イギリスのキュナード・ラインです。

1839年に創業された175年以上の歴史を誇るクルーズ船社ですが、クイーン・エリザベスを始めとしてクイーン・メリー2そしてクイーン・ヴィクトリアを保有しています

洋上での古き伝統を体験したい方々にピッタリなクルーズで、カジュアルな様式ではなく、フォーマルなパーティやディナーがあります。

クイーン・エリザベスは、世界一有名な豪華客船です。

グランドロビーの一角にあるエリザベス女王の肖像画は、女王陛下の肖像画を描いた最年少肖像画家、イザベル・ピーチー作です。

トップデッキでは、屋根付きのテニス場、クリケット場などがあり英国の伝統ゲームを楽しむことができます。